2011年08月18日

なんだかそう思える。

110815_132932.jpg

ひぐらしに夏の終わりを告げられて
少女の我がとおくに見える

(なお)

三十代女子の悩みはさまざまな陰影を帯び、
たとえるなら淡いブルーグレイという色合い。
ハッピーなこともそれなりにあるけど、浮かれたりしないのが
十代、二十代の頃との大きな違いかも。


ピカソの青の時代や青春期、
悩み多き時とはブルーがかった色をしているかもしれない。
posted by てんどうなお at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

SBSH0017.JPG

光もて奏でる無音の楽曲よ
螺旋の階を歩みつつ聴け

(なお)


文月の小さな旅の余韻。
posted by てんどうなお at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

オフィス


硝子越しあのこが語る片恋は
金魚の恋に似る星の夜

(なお)


夏の陽射しに早くも負けそう。

友人の恋のお相手は職場の殿方。
うまくアドバイス、できないものか…。

ちなみに私はOffice2010に手こずる今日この頃。
posted by てんどうなお at 09:08| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

humanoid(連作)

今からちょっと(大分?)前の夏の記憶です。

太平洋をはさんで離れ離れの恋人同士だったときがありました。


---------------------------------

甘夏はやや苦くあり会いにゆくと告げる大陸の右肩まで


エア・ポートの誰も彼もがstranger(しらんかお)砂糖が入った緑茶をにくむ

右肩が葉蔭にけぶるビオトープ巡るあゆみの覚束無さよ

のびやかに夏草かおる手足して人造人間(ヒューマノイド)のかなしみを知る

勝ち負けは淡くあのこはもういないそろり足首ひたす泥濘

さみどりの真中でふたり人間のかたちを成して触れ合っていること

しゅんしゅんとスプリンクラー回りだし銀河はゆるく解かれてゆく

プラカードは返歌でもある1600 Pennsylvania Avenueの彼によろしく

遠浅の恋人だった紺青の水平線を背景にして


あつき舌氷菓にからめ勾配をゆくひとなつの背中見送る

---------------------------------
 ※( )はルビ


あの夏の延長線上に今の自分がいる。

あのときの強い気持ちを忘れぬようにあゆんでいこうと思う。
posted by てんどうなお at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

新緑

110430_105550.jpg
まなうらに
新緑こびりつきしまま
通勤列車の薄暗がりに居る
(なお詠む)

連休を福井県の温泉で過ごした。
春の縁日と東尋坊をぶらぶらした気楽な一泊二日。
私は旅館の図書コーナーのあるラウンジで活字三昧だったのでしあわせ。

そして今日月曜、会社へ。
消費したらそのぶん稼ぐ、でも心がちょっとだけついていかないや。


思うようにいかないことが多少あっても
自分や状況、
ましてや関わるひとを、責めても詮ないことなんだ。

衣食住を辛うじて満たしつつも、気持ちよく生きるということが一番むずかしい。
posted by てんどうなお at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

いってきます



さみしさに侵されぬよう
菜の花のストール今日は纏いてゆけり
(なお詠む)


幸福は感じるもの。
量や内容ではなく。

空っぽな身体に春風がしみるけど、今日も仕事に出掛ける。

行ってきます。
posted by てんどうなお at 09:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

突然の休日



ほろほろとこぼるる春の蒸しパンに
フレディ・マーキュリーの涙しみこむ

(なお)

平日急遽お休みを頂きました。

午前中は咲き始めた桜の下で過ごしました。
posted by てんどうなお at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

no-title


いっさいの色失いし春が来て
生なりの布でくるむ心よ

(なお)

春が来るのにさみしくて仕方ない。
でも元気で無事でいる人から経済活動に勤しみ、力を注ぎ、手を差し伸べるべきなんだ。

みんなが心からわらいあえる日が早く訪れるように祈ります。
posted by てんどうなお at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

operation TOMODACHI


南風束ねて贈る
やわらかき風を
かの地のあなたの頬に

(なお)

東北の地を未曾有の災害が襲った。

そこから遠く離れた地に住む私のところにも、出張帰りに新幹線がストップし帰れなくなった友人がやって来た。
新幹線に5時間缶詰になり、21時を回る頃彼女はくたくたに疲弊してうちにやって来た。
車中で私のことを思い出してくれて、そしてちょっと頼りにしてくれて素直に嬉しかった。
深夜、彼女と私と連れ合いはテレビが映し出す現実に言葉も出なかった。


今回の大震災で不幸にも遭遇した人は絶望を見ただろうし、想像も及ばない苦痛を負ったのだと思う。

極東のこんなにも小さな島国の善良な人々を痛めつけてどうしようというのだ。
でも大自然の摂理に所詮人は逆らえないのであるし、長い長い時間をかけて
力を合わせて立ち直っていかねばいけないのだろうと思う。
どんなに辛くても生ある者は生きていかなければならない。そして諦めてはいけない。


そばにいて直接手をさしのべられたらと思うけど、
私はいち企業人として、いち国民として、いちママとしてこの場所から出来る限りのことを
智恵を絞って実行していく。


アメリカ軍は今回の支援ミッションに対してこんな名前をつけたそうだ。

operation TOMODACHI
posted by てんどうなお at 02:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

女子会なるもの

110226_171344.jpg

おのおののグラスに桃花咲くごとく
さざめきあってわらいころげて

(なお)

職場二十代〜三十代女子プラス二歳児、
総勢20名で女子会!

人材系の現場で営業として働くのはきついし身を磨り減らすところもあるんだけど、
みんな元気だ。そしてそこぬけに明るい!

男性の目線がないと気を遣わないし、みんなあどけない感じになるから面白い。
我がムスメももうひとりのお友だちとのびのび遊んでいた。


もっとおおらかに色んなひとと接しようと思う。
posted by てんどうなお at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。