2013年01月01日

新しき世のはじまりに

130101_113146.jpg

みどりごは新世界より来る人
片道切符その手に握りて

(なお詠む)

赤ちゃんが膝で安らかな寝息を立てている新年のはじまり。

ハロー、ハロー。

この場所で現実を見据えてうたを詠んでいこうとおもいます。
posted by てんどうなお at 11:41| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

冬支度

Imageゆず.jpg
柚子いろのひなた次々閉じ込める
魔女の手つきで冬迎えたり

( なお詠む)

冬支度の手しごと。

柑橘の香を漂わせてたくさん皮をきざみ、ジャムを煮つめながら日がな過ごす。

合間におちびさんをなだめたり、ガーシュイン聴いたり。

部屋があったかいと、なんかしあわせ。
posted by てんどうなお at 01:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

ねむる手

121123_231955.jpg
コットンのねむりの中で
おさなごがやさしく握る虹の先っぽ

(なお詠む)

眠る子のちいさな手を見ている。

この子がいつか成長し、大人になったとき、
その手がゆびさきが
なにかをこしらえたり、
楽器を奏でたり、、、
美女の涙を拭う、ってのもいいかもしれない。
どんな手になるだろう?


授乳中、子の両の手のゆびさきがプロレスラーの武藤みたいなポーズになっちゃってるのが
ハハはたまらなくいとおしいです。
posted by てんどうなお at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

みんなそうやってうまれてきたのだ

Image いち.jpg

遠雷を聴くまなざしか
いとけなきわたくしの子は
腕(かいな)の中で


(なお)

十月と十日、ずっとずっと待ちわびていた兆し。
待っていた瞬間がきた!

父に車で送ってもらい、深夜鞄ふたつを携て一人で入室したら、あまりにも静かなので、
お腹に宿るいのちとただ二人、
世界の果てに取り残されたみたいに思えた。

そのうちそれどころではなくなり、幾たびの痛みの波を乗り越えて、明けた朝
やっと、やっとという想いで
新しいいのちとであえました。

抱き留めたときの弾むようなキックのちからに命の躍動感を感じ、
まぎれもなくこの子の命をかみさまから預けられたんだと思いました。

大事に育てていこうと思います。

しばらくは新生児とムスメッコと、
賑やかな日々になりますが
よろしくお願いいたします。
posted by てんどうなお at 15:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

レモンの日

120916_115926.jpg
あいされて微睡み果てたその後の
さみしき目覚めかレモンの飛沫

(なお詠む)

今日は「レモンの日」。

詩人高村光太郎の最愛の妻、智恵子が
1938年の今日
逝去したことにちなむそう。

『レモン哀歌』にあった
死に際の智恵子の一連を思いおこす。

そうしていまわたしの巡りにある生と死を
おもう。
posted by てんどうなお at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

大名古屋ビルヂング閉館

120902_115907.jpg
大名古屋 その名はあるか
フロートの溶けし後にも百年後にも

なお詠む


今年も十月朔日を境に何かしら変化してゆく。

NHKの受信料とか石丸電気がなくなるとか。

再開発著しい、名古屋駅前も一つ歴史的ランドマークが消えた。

大名古屋ビルヂングって、まことレトロスペクティブな響きであったことよ。

ビアガーデンマイアミも、 地下のドトールも蕎麦屋も、パニーニ食べたカフェも
数々の思い出とともにさようなら。

名古屋のmyfavouriteの一つ、
コメダのフロートたちは
百年後もあなたと一緒に。
posted by てんどうなお at 00:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

夏の忘れ形見

Image cake.jpg

夏雲の忘れ形見が届きたり
焼き上がりしパンケーキの上に

なお詠む


いとおしくも過ぎ去っていく時間を最近感じて仕方がない。

『ちびくろさんぼ』を読んで、パンケーキを食べよう!と意気揚々出掛け、
一時間の行列にも
「虎がバターになるのを待ってるんだね」と待ち続け、
テーブルでも待つこと十五分。

楽園降臨!


パンケーキの上にパラダイスがあった。
甘美なる錯乱に陥り、
むかし国語便覧で目にしたこんな短歌が頭をよぎった。


あの夏の数かぎりなきそしてまたたつた一つの表情をせよ

(小野茂樹)
posted by てんどうなお at 04:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

うつくしい人

120923_154054.jpg

食卓にエナメル質の緋を灯し
ほほえむばかり
うつくしき人

  なお詠む

この半年、劇的な変化がわたしと友人
それぞれに訪れた。

自分達が切り開いていく前途とその決意を話した。

…いつか花を咲かせる時が楽しみよ!


友人の御手を拝借して、dessertの一皿を撮りました。
いつの間にかもう秋の装いだね。
posted by てんどうなお at 02:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解放区/赤扉のFrenchにて

ImageFrench.jpg
たましいの
一時預かり処(クローク)
我にみっつあり
その内ひとつが女友達

なお詠む
  ※カッコ()内ルビ

帽子やコートをひょいと掛けるように
心の武装解除をして、
思うままに語り合えるひとときが大事。

たまに同性の友人とそんな時間を共有している。
posted by てんどうなお at 02:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

ロング断念‥

夕方ラン〜やっと雨が上がりかけた6時過ぎに走り出す。
週末久々ロングで30km走でも、と思っていたものの、いざ走る時間になると時間がなく断念‥

【走行距離10km/今月累計255km】
年間走行3434.8km
posted by てんどうなお at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。